豊田市トップページ


PCB(ポリ塩化ビフェニル)関係

ページ番号1002066


PCB廃棄物は定められた期限までに処分しなければなりません。
高濃度PCB廃棄物は、処分期間を過ぎると事実上処分することができなくなります。

PCBとは

PCBは燃えにくく電気絶縁性に優れていたため、変圧器やコンデンサー、安定器等の電気機器の絶縁油として広く使用されました。しかし、有害であることが判明したため、1972年以降は製造や新たな使用は禁止されました。
このため、絶縁油にPCBを使用した変圧器やコンデンサー、安定器等で廃棄物になったものはPCB廃棄物として特別な保管・処分をしなければなりません。

豊田市内のPCB廃棄物の処分期間等と処分先

豊田市内のPCB廃棄物の処分期間等と処分先は、以下のとおりです。

豊田市内のPCB廃棄物の処分期間等と処分先

区分

廃棄物の種類

処分期間
(計画的処理完了期限)

処分先

高濃度PCB廃棄物

変圧器・コンデンサー

2022年3月31日まで
(2023年3月31日まで)

JESCO(注釈)豊田PCB処理事業所

安定器及び汚染物等

2021年3月31日まで
(2022年3月31日まで)

JESCO(注釈)北九州PCB処理事業所

低濃度PCB廃棄物

全ての種類

2027年3月31日まで

無害化処理認定施設等
(備考)以下の「環境省 無害化処理認定施設等」参照

(注釈)中間貯蔵・環境安全事業株式会社 


関連情報


このページに関するお問合せ


環境部 廃棄物対策課
業務内容:産業廃棄物処理業などの許認可、産業廃棄物の指導、PCB処理事業、PCB廃棄物に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター3階
電話番号:0565-34-6710


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.