豊田市トップページ


産業廃棄物の不適正処理防止の取組

ページ番号1004320  更新日 2016年6月3日

市では、事業者への定期立入検査や監視パトロール等を行い、産業廃棄物の不適正保管や不法投棄の防止と早期発見に努めています。


活動実績

1 定期立入検査(平成27年度)

市は、産業廃棄物処理業者への立入検査を行い、処理施設が適正に運用されているかを、年に複数回現場確認するとともに、産業廃棄物処理業者の保有する委託契約書、マニフェストその他の書類の内容についても、年1回確認を行っています。

現場確認

対象箇所:192か所
立入した延べ数:1,022か所
指導した延べ数:366か所
指導内容(違反内容):

書類確認

対象箇所:81事業者
立入した延べ数:81事業者
指導した延べ数:46事業者
指導内容(違反内容):

2 監視パトロール(平成27年度)

市は、随時、産業廃棄物処理業者や排出事業者等の事業場や不法投棄現場へ立入調査を行っています。夜間及び休日の閉庁時間帯においても、市が委託した民間業者がパトロールを行い、不適正処理の確実な発見に努めています。
また、市民の方から不法投棄、野焼き等の通報が入った場合は、その都度、不法投棄等の現場を確認し、必要な指導を行っています。

パトロールによる立入

通報による立入

合計

3 航空写真調査(平成27年度)

市は、廃棄物の不法投棄その他の不適正処理について、航空写真を活用した調査を行っています。航空写真から不適正処理のおそれのある場所を発見し、当該場所へ立入調査を行っています。

立入箇所数

1,178か所

立入結果

監視・指導を継続中:8か所
是正完了:12か所

4 車両検問(平成27年度)

市は、車両検問を行い、走行中の産業廃棄物運搬車両の監視も行っています。

5 スカイパトロール

市は、愛知県警豊田警察署と足助警察署の署員と合同で、ヘリコプターを使用して空中から産業廃棄物等の不適正処理の監視を行っています。
平成27年度は、不法投棄とみられる現場を4件確認しました。


このページに関するお問合せ


環境部 廃棄物対策課
業務内容:産業廃棄物処理業などの許認可、産業廃棄物の指導、PCB処理事業、PCB廃棄物に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター3階
電話番号:0565-34-6710


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.