豊田市トップページ


産業廃棄物の適正な処理の促進等に関する条例及び規則を一部改正しました。

ページ番号1004321  更新日 2018年10月31日

「豊田市産業廃棄物の適正な処理の促進等に関する条例」は産業廃棄物の不適正処理を未然に防止し、適正処理を促進することにより生活環境を保全することを目的として、2006年10月1日から施行しています。
施行後5年が経過し、不適正処理の未然防止を図るため監視の強化を目的に条例改正を行いました。


改正のポイント

  1. 産業廃棄物を豊田市内へ搬入する際の届出範囲の拡大
    (2013年10月1日施行)
  2. 産業廃棄物処理業者と地元住民との環境保全協定の締結対象の拡大
    (同年4月1日施行)
  3. 移動式の産業廃棄物処理施設について使用時の事前届出
    (同年4月1日施行)

1 市外産業廃棄物の搬入届出等(条例第13条、第14条関係)

産業廃棄物の搬入届出について、現行の県外からの搬入届出を豊田市外からの搬入届出に拡大しました。
豊田市外に設置する事業場から発生する産業廃棄物(中間処理産業廃棄物を含む。)を処分するために、自ら又は他人に委託して豊田市内へ搬入する場合は、搬入する30日前までに届出が必要です。
また、前年度分の搬入実績を毎年6月30日までに報告が必要です。
画像をクリックすると拡大して表示されます

届出に関する詳細は、下記ページ「市外産業廃棄物の搬入届出等(条例第13条、第14条関係)」をご覧ください。

2 環境保全協定の締結(条例第28条の2、第42条関係)

廃棄物の処理施設の設置に伴い、廃棄物処理業者と地元住民との環境保全協定を締結する場合の対象施設を追加しました。

改正前

廃棄物処理施設

追加施設

小規模産業廃棄物焼却施設等

小規模処理施設

3 移動式の産業廃棄物処理施設の使用時の事前届出等(条例第35条、第44条、第69条関係)

移動式の産業廃棄物処理施設を、産業廃棄物を処理するために豊田市内で使用するときは、7日前までに届出が必要です。
また、使用が終了したときも届出が必要です。

移動式小規模産業廃棄物破砕施設・移動式小規模処理施設・移動式廃棄物処理施設 使用届出書(様式第21号の2)

移動式小規模産業廃棄物破砕施設・移動式小規模処理施設・移動式廃棄物処理施設 使用終了届出書(様式第21号の3)


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


環境部 廃棄物対策課
業務内容:産業廃棄物処理業などの許認可、産業廃棄物の指導、PCB処理事業、PCB廃棄物に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター3階
電話番号:0565-34-6710


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.