豊田市トップページ


建築基準法上の道路種別と道路に関する調査方法

ページ番号1015300  更新日 2016年7月29日

都市計画区域内の建築物の敷地は、建築基準法上の道路に2メートル以上接しなければ建築物を建築することはできません。
建築基準法上の「道路」とは、建築基準法第42条に規定されており、以下の道路が該当します。


1 建築基準法上の道路種別について

法令種別 一般呼称の種別 幅 員 道路の内容
1項1号 1号道路 4メートル以上 道路法による道路
(例:国道、県道、市道等)
1項2号 開発道路 4メートル以上 土地区画整理法、都市計画法等による道路
1項3号 既存道路 4メートル以上 基準時にすでにあった道路
1項4号 計画道路 4メートル以上 道路法、都市計画法その他の法令により事業計画のある 道路で、2年以内に執行される予定として特定行政庁が指定した道路
1項5号 位置指定道路 4メートル以上 土地所有者等が築造し、特定行政庁から位置の指定を受けた道路
2項 みなし道路 1.8メートル以上
4メートル未満
基準時にすでに建築物が立ち並んでいた幅員4メートル未満の道路で、特定行政庁が指定した道路

注意事項

  1. 基準時とは、建築基準法第3章を適用することになった時点をいいます。
    詳しくは、建築相談課へご連絡ください。
  2. 2項道路については、道路後退が発生する場合がありますので、建築相談課の窓口でご相談ください。

2 道路に関する調査方法について

建築基準法上の道路種別を調査される場合は、『お知りになりたい場所(建築予定の土地の範囲)と公図上の範囲』を確認する必要がありますので、以下の図書を準備してから、建築相談課の窓口又はファクスにてご相談ください。

案内図

(住宅地図など)

公図の写し又は地籍図の写し

 (公図は法務局、地籍図は市民課で取得することができます)

注意事項

連絡先 建築相談課 ファクス:0565-34-6948

道路に関する調査の流れ

[画像]相談者は豊田市へ窓口などによる事前相談します。既に道路判定がされているものは、回答をします。道路判定の検討を要するものは、事前調査をします。調査依頼書の提出(調査依頼書は、建築相談課の窓口にあります)後、現地調査し、道路担当者による検討ののち、道路判定の決定を行い(2〜3週間程度かかります)、回答します。(1.3MB)

このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


都市整備部 建築相談課
業務内容:建築確認申請、建築相談、建築防災、後退用地、建設リサイクルの届出、景観、屋外広告物などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎4階
電話番号:0565-34-6649


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.