豊田市トップページ


石野歌舞伎

ページ番号1005341  更新日 2018年10月11日

石野地区の岩倉神社(中金町)の農村舞台を中心に演じられる農村歌舞伎を紹介します。


農村歌舞伎とは

[画像]写真:農村歌舞伎の舞台の様子(17.4KB)

農村歌舞伎は、江戸時代中期から西三河山間部等で人々に親しまれてきましたが、その後、庶民の娯楽がテレビ等に移り変わり、昭和40年ごろまでには各地で存続が危ぶまれるようになりました。
石野地区においても農村歌舞伎はいったん途絶えましたが、市の文化財に指定された岩倉神社農村舞台の改修をきっかけに復活しました。現在、地域の有志がこの伝統芸能を継承し、次代へ伝える活動をしています。

岩倉神社農村舞台(豊田市有形民俗文化財指定)

岩倉神社農村舞台は文化5年(1808年)に建築されました。廻り舞台や太夫座、楽屋等の舞台装置を備えた貴重な舞台です。鎮守の杜にたたずむ舞台からは、当時の熱演や歓声が聞こえてくるようです。

場所

豊田市中金町

農村舞台の活用

農村舞台の利用(豊田市内の伝統芸能の保存会や愛好者、文化活動に関わる行事、各種団体の文化的な行事や活動に使用する場合)は、中金町自治区長に連絡してください。
また、放送機器等が必要な場合もご相談ください。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


地域振興部 猿投支所
業務内容:住民票、戸籍謄本・抄本などの証明書発行などの市民生活に関すること及び自治区、コミュニティ会議、地域会議の運営支援などの地域振興に関すること
〒470-0373
愛知県豊田市四郷町東畑70-1
市民生活担当 電話番号:0565-45-1211
地域振興担当 電話番号:0565-45-1214


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.