豊田市トップページ


小型家電の処分方法

ページ番号1003835  更新日 2016年9月23日

平成25年4月1日、「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(小型家電リサイクル法)」が施行されました。


小型家電リサイクル法とは

使用済となった小型電子機器等(デジタルカメラ、電気掃除機、炊飯器、ゲーム機など)に含まれている金属(アルミ、貴金属、レアメタルなど)の再資源化を促進して、廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利用の確保を図ることを目的としています。

豊田市の取組

平成21年11月から、ごみステーションから収集した「金属ごみ」から使用済小型電子機器等を選別する方法で使用済小型電子機器等の再資源化を行っています。
選別した使用済小型電子機器等からは、アルミ、貴金属、レアメタルなどを回収しています。

(備考)ピックアップしている主な使用済小型電子機器
ビデオデッキ、プリンター、ゲーム機、ファクス、DVDプレーヤー、携帯電話、CDプレーヤー、電話機、ラジカセ、TVチューナー、電線等

小型家電の処分方法(3通り)

ごみステーションに出すときの注意事項

個人情報は消去してから出してください。
(備考)携帯電話は、「金属ごみ」で出すこともできますが、できるだけ販売店の店頭回収へ出してください。
分別方法については下記の「資源・ごみの分別と出し方」をご覧ください。

家電4品目、パソコンの取扱い

  1. 家電リサイクル法の対象商品(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)
    処分については下記の「家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)の処分方法」をご覧ください。
  2. パソコン
    処分については下記の「パソコンの処分方法」をご覧ください。

関連情報


このページに関するお問合せ


環境部 ごみ減量推進課
業務内容:一般廃棄物の処理計画・処理施設整備、ごみの減量及び資源化に関すること
〒470-1202
愛知県豊田市渡刈町大明神39-3
電話番号:0565-71-3001


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.