豊田市トップページ


集団回収報奨金制度

ページ番号1003820  更新日 2019年7月25日

家庭からごみとして排出される古紙類、古布類などを資源として回収し、リサイクルを積極的に推進している団体(自治区、子ども会、PTAなど)に対して報奨金を交付し、ごみの減量とリサイクルの推進を図っています。


対象

以下の要件を満たす、自治区、子ども会、PTAなど市に登録した団体

  1. 豊田市内を活動拠点とする団体であること。
  2. 地域社会に貢献できる性格を有する団体であること。
  3. 営利を目的としない団体であること。
  4. 集団回収を継続して行うことができる団体であること。
  5. 集団回収を実施し、古紙類及び古布類を回収業者に引き渡す際に、立会うことができる団体であること。

登録は随時行っていますので、ごみ減量推進課へお問い合わせください。

集団回収の流れ

  1. 毎年度、「集団回収報奨金振込口座確認書兼活動実施計画書」の提出が必要です。3月上旬にその年度の代表者へ郵送しますので、翌年度の代表者・役員へ引き継いでいただき、登録内容の変更の有無にかかわらず提出していただきます。
    (備考)年度の途中で口座変更された場合は、「振込口座変更届」を提出してください。(郵送可)
  2. 団体で回収日と集積場所を決めて、登録回収業者に回収を依頼します。
  3. 登録回収業者から回収量を記入した「集団回収取扱伝票(団体控)」を受け取ります。同じものが登録回収業者から市に提出されるので、団体から市への回収量の報告は不要です。
  4. 登録回収業者から回収した資源の買い取り代金を受け取ります。
  5. 登録回収業者から市に提出された「集団回収取扱伝票」の回収量を基に集団回収報奨金を年に4回交付します。

補助金額

回収重量にあわせて報奨金が出ます。

  1. ダンボール、新聞紙、雑誌・雑紙、紙パック、古着・古布:各1キログラムにつき5円
  2. 1の5品目のうち2品目以上を同時回収:1活動日当たり2,000円

要綱等

回収業者への補助

また、上記集団回収が積極的かつ安定的に継続できるよう、回収業者(注釈)による古紙類等の回収事業に補助金を交付しています。

(注釈)事前の登録が必要で、登録には要件があります。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


環境部 ごみ減量推進課
業務内容:一般廃棄物の処理計画・処理施設整備、ごみの減量及び資源化に関すること
〒470-1202
愛知県豊田市渡刈町大明神39-3
電話番号:0565-71-3001


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.