豊田市トップページ


食中毒警報について

ページ番号1003130  更新日 2015年5月26日

豊田市では、食中毒を防ぐために、食中毒が発生しやすい気象条件となった時に、食中毒警報を発令します。


発令する時期

7月1日頃から9月30日までの間で、次の気象条件のうちいずれか一つ以上に該当するとき、または発令することが特に必要であると認めるとき。

発令する気象条件

  1. 気温30度以上が10時間以上継続したとき、またはそれが予想されるとき。
  2. 湿度90%以上が24時間以上継続したとき、またはそれが予想されるとき。
  3. 24時間以内に急激に気温が上昇して、その差が10度以上を超えたとき、またはそれが予想されるとき。
  4. 次に掲げる気象条件が同時に発生したとき、またはそれが予想されるとき。
    ア 気温が28度以上となり、かつ、6時間以上継続するとき。
    イ 湿度が80%以上となり、かつ、相当時間継続するとき。
    ウ 48時間以内に気温が上昇して、最高と最低の気温の差が7度以上となり、かつ、相当時間継続するとき。

発令から解除までの時間

発令された警報は、48時間継続し、その後は自動的に解除されます。

その他

警報が延長される時は、再度発令します。

食中毒警報が発令されたら

次の点に注意して、食中毒を防ぎましょう。

  1. なま物はできるだけ避けて、十分に加熱して食べましょう。
  2. 調理後の食品は、長時間放置しないで、早く食べましょう 。
  3. 冷蔵庫内の温度は、常に10度以下となるように注意しましょう。
  4. 冷蔵庫に、食品を入れ過ぎないようにしましょう。
  5. 調理前、食事の前には必ず、石けん等で手をよく洗いましょう 。
  6. 新鮮な材料を使いましょう 。
  7. 食器、まな板、包丁、ふきん等は、十分に洗浄・消毒をしましょう。
  8. 台所(調理場)は常に清潔に保ち、ハエ・ゴキブリ・ネズミ等の駆除に努めましょう。
  9. 健康管理に注意し、十分に休養をとりましょう。
  10. 料理の持ち帰りは、極力避けましょう。

このページに関するお問合せ


保健部 保健衛生課
業務内容:食品衛生、動物愛護などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階
電話番号:0565-34-6181


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.