豊田市トップページ


老齢基礎年金 65歳になったとき受け取ることができる年金

ページ番号1003304  更新日 2018年4月2日

保険料を納めた期間が一定以上ある人が、65歳になったときに受けることができる年金


老齢基礎年金とは

保険料を納めた期間(免除を受けた期間も含む)が10年以上ある人が、65歳になったときに受けることができます。
(注意)60歳からの繰上げ支給・66歳以降からの繰下げ支給制度もあります。

年金を受けるために必要な期間

  1. 国民年金の保険料を納めた期間
  2. 国民年金保険料の免除を受けた期間や学生納付特例を受けた期間
  3. 任意加入できる人が加入しなかった期間など(合算対象期間)
  4. 昭和36年4月以降の厚生年金保険の被保険者期間、または共済組合の組合員期間
  5. 第3号被保険者であった期間

1.〜5.を合計して、10年(注釈)以上の期間が原則として必要です。
(注釈)平成29年8月1日以降は25年から10年に短縮されました。

老齢基礎年金の請求

老齢基礎年金の請求先は加入していた年金の種別などによって異なります。

加入していた制度:国民年金(1号)のみ
請求先:国保年金課(市役所南庁舎1階)、旭・足助・稲武・小原・下山・藤岡支所

加入していた制度:国民年金(3号)、厚生年金、共済組合の加入期間がある
請求先:年金事務所

加入していた制度:単一共済組合のみ
請求先:共済組合

老齢基礎年金の年金額

40年間保険料を納めると…65歳満額で779,300円(平成30年度の年額)

老齢基礎年金の計算式

[画像]480月(40年)×(保険料納付済月数)+(全額免除月数×2分の1(注釈1))+(4分の3免除月数×8分の5(注釈2))+(半額免除月数×8分の6(注釈3))+(4分の1免除月数×8分の7(注釈4))×779,300円(273.2KB)

(注釈1):平成20年度分までは「3分の1」
(注釈2):平成20年度分までは「2分の1」
(注釈3):平成20年度分までは「3分の2」
(注釈4):平成20年度分までは「6分の5」


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


市民部 国保年金課
業務内容:国民健康保険・国民年金に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎1階
国民健康保険に関すること 電話番号:0565-34-6637
国民年金に関すること 電話番号:0565-34-6638


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.