豊田市トップページ


豊田市山村地域等定住応援補助金(2018年度で経過措置は終了しました)

ページ番号1003661  更新日 2019年4月1日

豊田市山村地域等定住応援補助金についての案内です。


2018年度から『豊田市山村地域等定住応援補助金』が始まり、当年度に限り経過措置の取り扱いがありましたが、2019年度より経過措置が無くなり、契約日(住宅の建築工事請負契約日または売買契約日)の前に事前申請を行わなければ、申請を受付することができなくなりました。

住宅取得費補助金の概要

内容

豊田市の山村地域等に地域活動への参加を前提に定住するための住宅を取得した場合に、住宅取得に要する費用の一部を補助します。
補助金額

(備考)補助金は、交付決定日に基づき、予算の範囲内での交付になります。
(注釈)交付の限度額については、別途条件があります。

対象地域

旭、足助、稲武、小原、下山の各地区及び市街化調整区域内の特定の地区(西広瀬、東広瀬、中金、上鷹見、矢並、豊松、滝脇及び御作の各小学校区)

条件

1 定住するために新たに住宅を取得し、自治区などの地域活動に参加する意思があること
2 取得した住宅に居住し、住民票を異動すること
3 市町村税を滞納していないこと
4 当該建物の住宅取得に伴う登記を行い、所有権を2分の1以上有すること。
5 山村地域等に、新築又は購入するもの。
ただし、増築は対象外となります。
6 契約日(住宅の建築工事請負契約日または売買契約日)の前に事前申請を行うこと。
7 補助の交付申請時に、義務教育終了前の子どもと同居していること、又は申請者若しくはその配偶者の年齢が40歳未満であること。この条件に該当しない場合は、限度額が変わります。

申請方法

契約日(住宅の建築工事請負契約日または売買契約日)の前に事前申請を行い、住宅完成後、住宅の取得に伴う登記の日または、住民票を異動した日から1年以内に必要な書類(要綱別表第3)を添えて、交付申請兼実績報告を行ってください。

申込期限

2019年度の交付申請は2020年3月31日まで
ただし、予算の範囲内での交付になります。

要綱・様式など

補助金の対象とならない場合もありますので、詳しいことは定住促進課にお問合せください。

その他(フラット35(地域活性化型)について)

豊田市は、山村地域等への移住を促進するため、2018年8月1日より新たに住宅金融支援機構と融資に関する協定を締結しました。
これは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する全期間固定金利住宅ローン【フラット35】の金利を、市外等から本市の山村地域等へ移住する方に対して、通常より引き下げるものです。
ご利用される際は、様式にご記入の上、定住促進課へご提出ください。
また、【フラット35(地域活性化型)】に関するお問い合わせは住宅金融支援機構にお問い合わせください。
問い合わせ先 052-263-2904


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


都市整備部 定住促進課
業務内容:定住施策に関すること、市営住宅に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎4階
電話番号:0565-34-6728


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.