豊田市トップページ


報道発表資料 猿投神社の千手観音立像が愛知県指定文化財に指定されます。

ページ番号1041648  報道発表日 2021年1月25日


愛知県文化財保護条例に基づく告示(令和3年1月29日)により、猿投神社所蔵の千手観音立像が愛知県指定文化財に指定されます。

文化財の概要

【概要及び指定理由】

本像は明治元年(1868)の神仏分離令で、寺外に移されたが再び元に戻されたとされており、神仏分離により神宮寺本地仏を失った神社の多いなかで、平安時代の神仏習合の様相を今に伝えるものである。また、県下に現存する8件の指定文化財(国・市)である千手観音像(彫刻)のなかで、最古かつ最大級の像としても貴重であるため。

その他

今回の指定により、木造千手観音立像の市指定は解除されます。豊田市所在の指定文化財は、国指定21件、国選定1件、県指定46件、市指定258件となります。

<参考>県指定文化財について

愛知県文化財保護条例(昭和30年4月1日条例第6号)で保護の対象として指定されている文化財。有形文化財・無形文化財・民俗文化財・記念物の四種で、歴史上、芸術上、学術上貴重なもの。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


生涯活躍部 文化財課
業務内容:文化財の調査・保護、郷土資料館・民芸館の運営、新博物館の建設に関すること
〒471-0079
豊田市陣中町1-21-2
電話番号:0565-32-6561


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.