豊田市トップページ


独自の避難基準を策定するための洪水対応避難訓練 GPSを利用したデータ収集

ページ番号1014095  報道発表日 2016年5月13日


豊田市立元城小学校(児童数:243人/八幡町)では、全校児童が「矢作川の高橋水位計で水位が4.7メートルを超え洪水の恐れがある」という独自の避難基準に従って、1.8キロメートル離れた枝下公園付近まで、データ収集のためのGPS発信器を用いて水平避難訓練を行います。

日時

平成28年5月20日(金曜日) 午前11時から午後0時30分

場所

元城小学校から枝下公園にかけて

参加者

元城小学校 全校児童 教職員
愛知工業大学・岐阜聖徳学園大学 教授 学生

内容

特徴

昨年に実施した訓練の際のデータをもとに修正した避難ルートを使い、雨天を想定して晴れていても全員傘をさして、1列で移動する。前回同様GPS発信器をつけて、避難に要する時間や避難ルート上でどこが詰まり、どこに時間がかかるのか、そのデータを収集する。また、そのデータをもとに元城小学校独自の避難基準の検証を行う。(愛知工業大学・岐阜聖徳学園大学との共働で検証を行う)

問合せ

元城小学校(電話)0565-31-2280


このページに関するお問合せ


教育委員会学校教育部 学校教育課
業務内容:学齢児童・生徒の就学、通学路、教科書の配布、学校の組織編成・諸行事・教育指導・教職員などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階
電話番号:0565-34-6661


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.