豊田市トップページ


NEXCO中日本・防災ヘリ・警察・消防が連携 高速道路でのバス事故を想定した合同訓練を実施

ページ番号1020695  報道発表日 2017年9月6日


豊田市消防本部は、ラグビーワールドカップ2019の開催を見据え、外国人観光客を乗せた観光バスが高速道路トンネル内で事故を起こし、多数のけが人が発生した災害を想定し、愛知県内の関係団体と合同で高速交通事故災害合同訓練を実施します。

日時

平成29年9月14日(木曜日) 午前9時30分〜11時30分(小雨決行)

場所

伊勢湾岸自動車道 豊田東IC 内プラザ及び場外離着陸場
(豊田市渡刈町大屋敷57番地)

訓練参加人員

  1. 豊田市消防本部 56人
  2. 愛知県防災航空隊(防災ヘリ) 7人
  3. 愛知県警察本部高速道路交通警察隊 2人
  4. 中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本) 2人
  5. 岡崎市消防本部 9人

合計 76人

主な内容

  1. 事故情報の収集及び整理
  2. NEXCO中日本、防災ヘリ、警察及び消防の連携活動
  3. 多言語翻訳ツールを活用した外国人負傷者の救出と救護活動

その他

駐車場確保のため、取材を希望される場合は9月10日(日曜日)までに、事前連絡をお願いします。

[画像]写真 ヘリコプターとの連携活動(16.4KB)[画像]写真 観光バスからのけが人救出(126.0KB)

このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


消防本部 南消防署
業務内容:救急、救助、火災の鎮圧などに関すること
〒470-1216
愛知県豊田市和会町長田3-1
電話番号:0565-25-9008


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.