豊田市トップページ


豊田市公共施設等総合管理計画

ページ番号1018344  更新日 2017年4月1日


計画策定の背景

市内には、小中学校、交流館、道路、公園、上下水道などの施設が数多くあります。これらは、高度経済成長期に集中して整備され、2028年頃から一斉に更新(建替え)時期を迎えるため、長期的な視点で、施設の総合的な管理を進める計画を策定しました。

計画の概要

目的

将来を見据え、全ての公共施設等を対象として、総合的、計画的に施設の適切な維持管理・更新を行っていくための方針を示すこと。

対象施設

計画期間

2017年度〜2026年度の10か年
(備考)概ね40年先の施設の状況などを見通し、計画を策定

基本方針

(1)安全・安心な施設の管理
(2)更新時期平準化と総量抑制を始めとしたトータルコストの縮減
(3)施設の有効活用の促進
(4)計画的な管理の推進

管理方針

(1)公共建築物
施設を特性や状況に応じて「管理区分」により分類し、維持管理と更新の方針に基づいて管理を実施する。

維持管理

  • 将来的な更新を見据えつつ、施設の特性や状況から優先度を判断し、長寿命化により更新時期の平準化を図る。

更新

  • 施設の必要性を判断し、規模の維持・拡大・縮小や機能の集約化・複合化などによる統合や廃止などにより、総量抑制の取組を進める。

(2)インフラ施設
施設の特性や重要度に応じて、「予防保全」と「事後保全」に分類し、それぞれの方法に基づいて維持管理を実施する。

予防保全

  • 損傷が軽微な早期段階で、点検などにより機能の低下を予め把握し、予防的な修繕等を実施する。

事後保全

  • 巡視などにより劣化や損傷を把握した時点で、修繕等を実施する。

計画書(PDFファイル)

計画の内容は、以下からダウンロードできます。

計画書の閲覧

市政情報コーナー、企画課、各支所・出張所、各交流館

【参考】豊田市公共施設等総合管理計画(案)に関する意見募集の結果について

計画策定に先立ち実施しました計画案に関する意見募集の結果をご覧いただけます。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


企画政策部 企画課
業務内容:総合計画、政策の推進・評価、山村振興、公共施設等の維持管理・更新に関する総合調整などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階
電話番号:0565-34-6602


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.