豊田市トップページ


豊田市幹線道路網整備計画

ページ番号1018666  更新日 2018年11月9日

効率的かつ効果的、計画的な道路整備の推進を図るため、第8次豊田市総合計画策定に合わせ、「豊田市幹線道路網整備計画」を策定しました。


策定の背景

前計画の策定(2005年(平成17年)4月策定)から12年が経過し、本市を取り巻く社会環境、道路事業を取り巻く環境が大きく変化していることを踏まえ、環境の変化に対応し、より効率的かつ効果的、計画的な道路整備の推進を図るため、第8次豊田市総合計画の策定にあわせ、計画の見直しを行いました。

計画期間

上位計画である第8次豊田市総合計画にあわせ、2017年度(平成29年度)から2024年度末までの8年間です。

骨格となる幹線道路網の考え方

これまでの広域交流・都市間交流を支える道路ネットワーク、市域の一体性・交流を支える道路ネットワークに、都市の強靭化を実現する道路ネットワークを加え、防災・減災力の向上、都市の強靭化を図ります。

広域交流・都市間交流を支える道路ネットワーク(イメージ図)

[画像]イラスト 環状道路、放射道路、名古屋連絡道路など、道路の地図(185.2KB)

市域の一体性・交流を支える道路ネットワーク(イメージ図)

[画像]イラスト 地域核や国道、主要地方道路、高規格幹線道路など、道路の地図(206.0KB)

都市の強靭化を実現する道路ネットワーク

[画像]イラスト 幹線道路網整備計画路線、第一次緊急輸送道路、第二次緊急輸送道路、市指定の緊急輸送道路(254.3KB)

整備の方向性と整備方針〜ネットワークの拡大から、計画的なネットワークの質の向上へ〜

国、県、市で連携し、以下の3つの整備方針と5つの主要施策に基づき事業を推進します。

3つの整備方針と5つの主要施策

1 都市の成長

施策(1)物流ネットワークの更なる機能強化
施策(2)高規格幹線道路へのアクセス性の向上

2 生活の質の向上

施策(3)日常の生活移動の円滑化
施策(4)市域の一体性・交流を支える道路の整備

3 安全安心の確保

施策(5)緊急輸送道路の信頼性の向上

豊田市幹線道路網整備計画


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


建設部 建設企画課
業務内容:都市計画道路など 国、県、市の幹線道路の事業に関することなど
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎6階
電話番号:0565-34-6682


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.