豊田市トップページ


社会資本総合整備計画(連立:計画102)

ページ番号1026736  更新日 2018年11月14日


社会資本整備総合交付金と社会資本総合整備計画について

社会資本整備総合交付金とは?

国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金等を一つの交付金に原則一括し、事業主体である地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫が生かせる総合交付金として2010年度から創設されました。

社会資本総合整備計画とは?

社会資本整備総合交付金で事業を実施する場合には、地域が抱える政策課題を、事業主体である地方公共団体が自ら抽出し、3〜5年の期間で実現しようとする目標や、課題の解決のために計画期間内に行う事業等を記載した計画を作成する必要があります。

現在、豊田市街路課が作成した社会資本総合整備計画は以下の通りです。

計画の概要

社会資本整備総合交付金チェックシート

(備考)「名鉄三河線若林駅付近連続立体交差事業」は、都市計画法第59条第1項の都市計画事業認可を受け、事業を進めています。
認可日:2018年4月3日
施行者:豊田市
施行期間:2018年4月3日〜2026年3月31日


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


建設部 街路課
業務内容:内外環状線など特定する道路・都市計画道路・駅前広場などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎5階
電話番号:0565-34-6651


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.