豊田市トップページ


次世代エネルギー・モビリティ創造特区

ページ番号1002041  更新日 2017年5月18日

国による規制緩和や金融支援など、地域の活性化を図る制度です。


地域活性化総合特区とは国からの支援を、特定の地域に集中することにより、地域と国の経済成長を過加速する制度です。国が地域の戦略的な挑戦を総合的に支援し、規制の特例措置、税制・財政・金融上の支援措置を総合的に実施します。
豊田市は、平成23年に国から次世代エネルギー・モビリティ創造特区に指定されました。本特区により環境モデル都市アクションプランや豊田市低炭素社会システム実証を進める上で必要となる規制緩和や財政支援を、国から集中的に受けられるため、これまでの課題を解決し更に新たな事業展開につなげることができます。
特区を活用し新たな環境・エネルギー技術と次世代交通(モビリティ)の技術を実用化・普及することで、低炭素な都市環境の実現と新たな産業の創出、市民の暮らしの質の向上を目指します。

次世代エネルギー・モビリティ創造特区(豊田市)の概要は以下

地域活性化特区制度の概要(国)は関連する他サイトへのリンク「首相官邸 総合特別区域推進本部ホームページ」を参照ください。


関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能な未来都市に関すること、環境モデル都市に関する啓発、アクションプランの推進・総合調整・推進体制の確立などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階
電話番号:0565-34-6982


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.