豊田市トップページ


住民監査請求監査

ページ番号1004775  更新日 2015年6月23日

市に違法又は不当な財務会計上の行為があるとき、住民は監査委員に対し監査を求め、又は必要な措置を講ずるよう請求することができます。この請求に対し、監査委員が監査を実施するものです。


1 主旨

市に違法又は不当な財務会計上の行為があるとき、住民は監査委員に対し監査を求め、又は必要な措置を講ずるよう請求することができます。この請求に対し、監査委員が監査を実施するものです。
この制度により、違法又は不当な財務会計上の行為を事前防止、事後是正又は怠る事実を改めさせることや、市が被った損害を補填させることができます。

2 要件と方法

1 請求ができる方

市内に住所のある個人又は法人

2 請求の対象

次の財務会計上の行為
違法又は不当な
(1)公金の支出
(2)財産の取得、管理、処分
(3)契約の締結、履行
(4)債務その他の義務の負担
違法又は不当に
(5)公金の賦課、徴収を怠る事実
(6)財産の管理を怠る事実
上記行為のあった日又は終わった日から1年を経過したときは、正当な理由がある場合を除き、住民監査請求をすることはできません。((5)、(6)を除く)

3 請求書の提出

所定の様式に従い、請求の要旨を記載します。
請求の対象となる違法又は不当な行為等を証する書面の添付が必要です。
(例)新聞記事の写し、情報公開により入手した文書の写しなど

4 請求書様式サンプル

住民監査請求の様式をダウンロードして、作成用に御利用いただけます。

住民監査請求に係る監査結果一覧

住民監査請求に係る監査結果報告書(平成25年3月8日)

内容:監査の対象とすべき行為
公金の支出に係る行為(森林組合への補助金支出等)

住民監査請求に係る監査結果報告書(平成24年9月5日)

内容:監査の対象とすべき行為
公金の支出に係る行為(森林課職員が豊田森林組合の職員採用試験に参加したことによる給与の支払)

住民監査請求に係る監査結果報告書(平成20年12月25日)

内容:監査の対象とすべき行為
公金の支出に係る行為(市長の自宅の警備業務に係る契約の締結及び委託料の支払)


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


監査委員事務局
業務内容:市の監査事務に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階
電話番号:0565-34-6666


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.