豊田市トップページ


豊田市都心地区空間デザイン基本計画

ページ番号1021024

都心の未来デザインブック(豊田市都心地区空間デザイン基本計画)の本編及び付属編を公表します。


都心の未来デザインブック

「つくる」:とよた都心の未来のデザイン

「つかう」:とよた都心の未来のマネジメント

[画像]イメージ画像 都心の将来イメージ、都心の将来イメージ(東口まちなか広場)(858.4KB)

この「都心の未来デザインブック」(第一部プラン)は、豊田市都心地区空間デザイン基本計画(三部構成)の概要版として、駅周辺の施設・広場のデザインイメージのほか、基本的な考え方やコンセプト、今後のスケジュール等を掲載しており、広く市民・関係者の方々と意識共有していく内容となっています。
なお、第二部(デザイン)、第三部(プロセス)では、デザインの詳細や今後の取組等について掲載し、主に関係者等に今後の進め方や詳細なイメージを伝えるための内容となっています。

豊田市都心地区空間デザイン基本計画とは

都心におけるにぎわいの創出には、公共空間等における統一されたデザインと使い方の検討がなされた居心地の良い空間を作りあげていくため、市民とともに空間デザインを考えていくことが必要です。
この空間デザインにおいては、段階的な空間整備を基本に、これまで、まちの使い方やあり方に関し、市民ワークショップ等を通じて、市民のみなさんと意識共有を図りながら、にぎわいのある都心の実現に向けた検討を進めてきました。
この基本計画はそれらをとりまとめ、豊田の"都心の未来のあるべき姿"を描いたものです。

計画の目的

将来のあるべき姿が示された本計画は、『都心環境計画』で位置付けられた、「豊田市駅周辺の主要な公共施設や広場空間」を対象に、豊田の都心の将来を見据え、「日常・非日常のあるべき姿」や「まちの使い方」等について、ソフトを下支えする都市基盤のデザインの統一化を図るため、とりまとめたものです。今後は、当計画を基づき、各種施設設計等に反映していく見込みです。

参考資料

誰もが来街したくなる魅力的な拠点(選ばれる都心)となれるよう、目指すべき将来の姿の明確化とその実現に向けた各種施策を示した「都心環境計画」を平成28年3月に策定しました。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


都市整備部 都市整備課
業務内容:都心地区における道路及び都市施設の計画及び整備に関すること、市街地再開発事業の調査計画・指導援助などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎4階
電話番号:0565-34-6622


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.