豊田市トップページ


トヨタ自動車ヴェルブリッツ選手が交通安全街頭立哨を実施

ページ番号1031712  更新日 2019年6月13日

[画像]写真 交通安全の啓発活動を行うトヨタ自動車ヴェルブリッツ選手ら(176.9KB)

2019年6月12日(水曜日)、豊田市は、トヨタ自動車ヴェルブリッツと協力し、ラグビーワールドカップの際に多くの人が訪れる名鉄豊田市駅前とスタジアム周辺において、交通安全の立哨活動を実施しました。

ラグビーワールドカップ2019TM日本大会の開幕まで100日となったこの日の立哨活動には、ヴェルブリッツ選手及びスタッフ60人、豊田市職員5人、豊田警察署員2人などが参加しました。選手らは、交通安全をPRするのぼりやプラカードを掲げて、ドライバーや通行者に交通安全を呼びかけていました。また、通行人に、手首に巻く反射タグなどの啓発品を配布しました。

活動に参加した加藤竜聖選手は、「最近、自動車事故のニュースが多いのが気になります。市民のみなさんも車を運転する際は、今一度初心に帰り、安全運転に心がけてほしいです。」と話していました。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


このページに関するお問合せ


地域振興部 交通安全防犯課
業務内容:交通安全、交通事故防止、放置自転車問題、防犯施策などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階
電話番号:0565-34-6633


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright(C) Toyota City All Rights Reserved.